健康状態を良くするため

手

酵素の働き

食べ物は、胃腸で酵素によって分解されて、体内に吸収されます。そして吸収された栄養分は、酵素によってエネルギーとなって体に使われることになるのです。そのため酵素は、健康のためには必要不可欠と言えます。ところが酵素は、体温が低いと働きが悪くなります。逆に、体温が高めだと働きが良くなるので、昨今ではそのための温活がさかんにおこなわれるようになっています。温活とは具体的には、衣服を重ね着したり、手足など冷たくなった部分をマッサージしたり、温かい食事をとったりして体温を高めることです。これにより酵素がしっかりと働くようになると、栄養分の吸収率もエネルギーの消費率もアップして、全身の健康状態が良くなっていくのです。

体温の低下に注意

酵素の働きが活発になると、体内の活性酸素が減りやすくなります。活性酸素は細胞を酸化させるため、これが減れば細胞もまた、しっかりと働くことができるようになります。これにより細胞の衰えによる老化や肥満が防ぎやすくなるので、温活はアンチエイジングやダイエットのためにもおこなわれています。ただし温活は、体を温めるだけでは十分とは言えません。体を温めながら、冷やさないように気を付けることも肝心とされているのです。たとえばタバコを吸ったり、カフェインが多く含まれている飲み物を飲んだりすると、血管が収縮します。すると一時的に血行が悪くなり、体温が低下することがあるので、温活中にはこれらに注意する必要があります。

Copyright © 2017 体を温める効果がある炭酸泉を自宅で|実は簡単に用意できる All Rights Reserved.